塾講師のバイトを探すならどこがいいの?

ITTO始め塾講師のアルバイトは時給も高く短期間で稼げるアルバイトの代名詞ですが、実は選び方を間違えると結構うまくいかない場合があります。それは、塾自体がちゃんとマニュアルやアルバイトの教育に力を入れているか?です。

 

下手な所にバイトに入ると、予習や授業の内容まで考えてそれは勤務時間に入れないなど時給換算すると600?700円になってしまうところもあります。大手だけじゃなく、実際にいろいろ面接を受けて塾の雰囲気や面接時の対応などで選ぶ事をおすすめします。

 

比較する時に便利なのがこのサイト「マイナビバイト」
学生なら知っている就活の「マイナビ」のバイト専用のサイトです。
ITTOなど有名塾はじめ、いろんな塾のアルバイト求人が出ていますので比較検討してみることをおすすめします。

 

その他、「ジョブセンス」というサイト。
案件数はマイナビ同様多く、ジョブセンスからの申し込みで実際に勤務すると「お祝い金」が出ます。
ちょっとしたボーナスになるのが嬉しいですよね。

どんな人が塾講師に向いている?

あくまで個別指導型や中小の塾講師への個人的な考えですが、天才・秀才タイプは向いていないように見えました。
事実、私はその塾の中でも下から数えた方が早いレベルの学歴でしたが、生徒やご家庭からの評判は決して低くはなかったと思っています。とある、医学部に属する講師の生徒が私を指名してきたことがあったからです。

 

人気のある講師は決まって、面倒見がよく笑顔が絶えないようなキャラクターだったと記憶しています。懸命に真似て早く塾講師として一人前になろうと思った講師もそのようなキャラを持つ講師の一人でした。面倒見が良いので、おそらくは生徒の学校での問題などにもアドバイスをしてあげていたのかもしれません。

 

加えて、学生時代に困りに困って、やっと覚えられたような生徒であった方、つまり、勉強がスムーズではなかった方は塾講師としては活躍できるでしょう。英語も数学も中高共に、難しく感じる箇所が決まっているからです。とある箇所が覚えられないと次に進まない、無理やりやっても混乱するだけだと知っているからこそ、一度前に戻って学習し直そうという提案型の授業ができます。

 

 

また、話し方が上手であったり、豊富な説明の仕方ができる方も容易に塾講師をこなすでしょう。
生徒によって説明の仕方を変えた方がスムーズな授業ができることがあるからです。

 

 

兎にも角にも「面倒見が良い」方が、塾講師に向いています。どうにか生徒の学力を伸ばしてあげたいという気持ちが現れるためです。知識や学習法は塾内部で学べたり、他の講師から聞くこともできますが、面倒みの良さは直ぐには身につかないことも特筆すべきポイントです。